Total Swiss TV

トータルスイスが支援する黎昕陽選手は6戦勝、黃怡樺は朽ちず


12月
23
2019

トータルスイスがスポンサーする卓球選手である黎昕陽は昨年、二度代表選手の座を逃したが、1年間の栄養調整と技術面の向上により、2019年12月21日に2020年度の代表選抜試合で持てる力を充分に発揮し、6戦を連続で勝ち抜き、会場全体をダークホ...
トータルスイスが支援する黎昕陽選手は6戦勝、黃怡樺は朽ちず

   ▲ トータルスイスが支援する黎昕陽選手は6戦勝、黃怡樺は朽ちず


2019-12-23 / 八馬公司編輯部

トータルスイスがスポンサーする卓球選手である黎昕陽は昨年、二度代表選手の座を逃したが、1年間の栄養調整と技術面の向上により、2019年12月21日に2020年度の代表選抜試合で持てる力を充分に発揮し、6戦を連続で勝ち抜き、会場全体をダークホースとして驚かせたほかに、やっと成人選手枠の一員となる夢を実現した。

少年級、15歳級、18歳級の代表経験を持つ黎昕陽にとって、今回成人級の代表選手になったことは特別な意義を持つ。ユースから成人まで4階級全ての代表選手になったことは彼の卓球選手としてのキャリアを完全なものにした。

過去に二度の成人級選手への挑戦に敗れ、一度は引退も考えた。しかしトータルスイスの支援を受けた後、万全の栄養補給と調整を経て彼のフィジカルと技術面、そして精神面も大幅に強化された。

この一戦に全てをかける決心で臨み、楊子儀、廖振珽、陳君翔、郭昱良、秦楙棖および戴茗葦といった名手に勝ち、かつて2度取り逃した成人級代表選手の座を掴んだ。

 

語り継がれる黃怡樺

もう1人トータルスイスが支援する卓球選手である黃怡樺、彼女は35歳で代表選抜試合に参加し、並みいる若手選手に勇戦した。

トータルスイスの無敵の製品力のもと、黃怡樺は選手として年齢が高めであっても、コンディションが万全でない中でも勝ち続け、代表選手資格を維持した。

今回で黃怡樺は20年連続で22度目の卓球代表選手となった。

トータルスイスの支援を受けてから黃怡樺は1年また1年と新たな伝説、卓球界において後輩たちが容易に塗り替えられない記録を創り続けている。



本文引用自 Total Swiss台灣官方網站


      


推薦閱讀